PR

ニュース プレミアム

【原発最前線】注目された耐震試験で「扉が5センチ開いた」東海第2 トラブル露見

日本原子力発電東海第2原発の設備の耐震実験に立ち会う、原子力規制委の山中伸介委員(中央)ら=6月21日、兵庫県三木市(規制委提供)
Messenger

 日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)の審査が、11月下旬の期限に向けてラストスパートに入っている。6月21日には工事計画認可に必要な最後の実証試験となる耐震性試験が兵庫県で実施された。原子力規制委員が立ち会い、マスコミにも公開されて注目を浴びたが、開いてはならない扉が5センチ開くというトラブルも生じた。遅れている審査の合格に加え、地元の同意という高いハードルが控える東海第2。トラブルを超えて第1のハードルをクリアできるか、正念場を迎えている。(社会部編集委員 鵜野光博)

規制委員がプレッシャー?

 「加震、終了しました」

 1分半にわたって「ガタガタ」と音を立てて揺れた装置が静かになった。6月21日午前、防災科学技術研究所の兵庫耐震工学研究センター(兵庫県三木市)で行われた東海第2の耐震性試験。揺さぶられたのは「ブローアウトパネル閉止装置」(縦6メートル、横11メートル)で、事故時に原子炉建屋内の蒸気を自動的に外に逃すブローアウトパネルが動作した際に、大きな揺れに対して気密性を保ち、放射性物質の漏洩(ろうえい)を防ぐための設備だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ