PR

ニュース プレミアム

【平成の証言】「そういう事実(慰安婦の強制連行)があったと。結構です」(平成5年3月~9月)

Messenger

■5年9月

 「反自民の連立政権を成立させる手助けになるような報道をしようではないか」(テレビ朝日の椿貞良報道局長)

 21日に開かれた日本民間放送連盟の放送番組調査会で、椿氏が7月の衆院選について「55年体制を絶対突き崩さなければと選挙報道に当たった」などと発言していたことが10月、発覚した。郵政省は放送法違反の疑いで調査に乗り出し、衆院は椿氏を証人喚問。椿氏は「誤解を与える発言をした」と陳謝したが、報道内容への具体的な指示は否定した。郵政省はテレ朝に厳重注意の行政指導を行った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ