PR

ニュース プレミアム

漫画家、永井豪さんと教育界が“歴史的和解” 「ハレンチ学園」騒動から半世紀 

50周年記念愛蔵版「ハレンチ学園」(全6巻、小学館)2巻の表紙。6月29日から順次発売(C)1968-2018 Go Nagai/Dynamic Production
Messenger

 教育界との“歴史的和解”だと漫画界がざわついた。「マジンガーZ」などの作品が世界中で評価されている功績を称え、永井豪さん(72)に第47回日本漫画家協会賞文部科学大臣賞が贈られた。代表作の一つ「ハレンチ学園」が、教師やPTAから痛烈に非難・批判されてから半世紀だが、今回はその「ハレンチ-」も含めた全作品が対象の受賞なのだ。贈賞式では文化庁(文科省の外局)の担当者が永井さんとがっちり握手した。

縁のない賞

 「最も自分と縁のない賞だと思っていました。50年近く前、学校の先生やPTAなど、大勢の人から激しいバッシングを受け、大変な時期を過ごしましたので…」

 6月中旬に開催された贈賞式に登壇した永井さんは、デビュー後間もない当時をそう振り返った。ストライプ柄のしゃれたスーツ姿だ。

 昭和42年に漫画家デビューした永井さんは、児童向けの漫画ではタブー扱いされていた暴力やエロスを大胆に作品に取り入れた。「デビルマン」や「バイオレンスジャック」、「キューティーハニー」や「マジンガーZ」などの作品を通じて、漫画やアニメなど戦後日本のポップカルチャーに大きな影響を与えた。

 先進的な取り組みには、代償もつきまとった。永井さんの作品は、全国の教育関係者から集中砲火を浴びた。特に昭和43~47年に週刊少年ジャンプで連載した「ハレンチ学園」だ。お色気シーンや教師をこき下ろす描写などが学校やPTAからの大反発を招いた。

 読売新聞朝刊(45年10月9日付)は、「ハレンチの度が過ぎます」などとする主婦の投稿を掲載。中学生が「抜群『ハレンチ学園』」(同20日付朝刊)と反論するなど、あちこちで議論となった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ