PR

ニュース プレミアム

【米朝首脳会談】産経取材班はこうして金正恩氏の“素顔”をカメラに収めた! 会談前夜、たった2時間のチャンス

Messenger

 とはいえ、正恩氏が出かけるにしても、どこに向かうのか。そんな焦りが募った同8時半前、地元メディアが、正恩氏が「小規模の市内観光を今夜、行うだろう」との一報を流した。予想される行き先として、船のような形をした屋上施設、マリーナベイ・サンズの「スカイ・パーク」と、マーライオン公園近くの「ジュビリー橋」の名前を具体的に挙げていた。

 スカイ・パークに行くなら、必ず専用車を降り、エレベーターまでの数メートルを歩くはず。サンズには鳥越、時吉両記者が、橋には松本記者が、それぞれ行き先を変更して向かった。午後9時前に着いたサンズは報道陣はまだ少なかったが、厳重な警備が始まっており、正恩氏の来訪を確信した。

絶好のポジション

 午後9時過ぎ、正恩氏がセントレジスを出たとの一報。車列はまず観光名所の公園に入り、地元テレビが一行の様子をライブで伝えた。午後10時前、サンズに現れた正恩氏は、報道陣や観光客に笑顔で手をふった。到着が早く、エレベーター正面の絶好の場所に脚立を広げ待ち構えていた鳥越記者は、正恩氏の顔に汗がにじんでいるのが見えるほど鮮明な表情を至近で捉え、日本に送信。12日付の東京朝刊最終版の国際面に大きく掲載された。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ