PR

ニュース プレミアム

【米朝首脳会談】産経取材班はこうして金正恩氏の“素顔”をカメラに収めた! 会談前夜、たった2時間のチャンス

マリーナベイサンズの展望台「スカイパーク」を訪れる金正恩朝鮮労働党委員長=11日午後9時49分、シンガポール(鳥越瑞絵撮影)
Messenger

 史上初の米朝首脳会談が12日、シンガポールで開催された。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の外遊は中国以外では今回が初めてで、生の姿を捉えられる可能性がある、貴重な取材機会だった。シンガポール当局の厳重な警備が予想される中、産経新聞取材班のカメラ記者たちは、秘密のベールに包まれた最高指導者の素顔に迫ろうと現地で正恩氏を追いかけ、独自映像の撮影に成功した。(シンガポール 吉村英輝)

独自映像を撮れ

 両首脳が12日に握手を交した映像など、会談の模様は世界中に配信された。だが、これらは、両国やシンガポール当局が、自分たちの「意図」に基づいて日時や場所を指定し、事前に招集したニュース配信会社のカメラ記者らに、代表撮影させたものだ。

 現地取材班は、撮影では正恩氏に関する独自映像に注力する方針を確認した。ただ、保安上の理由もあり予定はなかなかつかめない。東京写真報道局の松本健吾記者と、大阪写真報道局の鳥越瑞絵記者は、限られた情報を基に立ち回り先を予想し、レンズなど機材を選定して飛び回る、地道な取材活動を強いられた。

 正恩氏がシンガポール入りした10日は、飛行機情報やシンガポール首相との面会予定などを基に撮影機会をうかがった。だが、撮れたのは車列などだけ。正恩氏の撮影は、警備当局の固いガードに阻まれた。12日の会談当日は、代表撮影以外で正恩氏を捉えることは難しいと予想された。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ