産経ニュース

【経済インサイド】EV隆盛の中、「ディーゼル車」推すマツダ 異彩放つ〝逆張り戦略〟

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
EV隆盛の中、「ディーゼル車」推すマツダ 異彩放つ〝逆張り戦略〟

大幅改良した小型SUV「CX-3」ディーゼル車のエンジンを紹介するマツダ商品本部の冨山道雄主査=東京都港区 大幅改良した小型SUV「CX-3」ディーゼル車のエンジンを紹介するマツダ商品本部の冨山道雄主査=東京都港区

 日本自動車研究所は、ウェル・ツー・ホイールのCO2排出量を10年に燃料・動力別で試算した。それによると、ガソリン車が1キロ走行した際に排出されるCO2は147グラムで、ディーゼル車が132グラムだ。

 一方、走行時にCO2を出さないEVはクリーンなイメージだ。ただ、EVの充電に石炭火力発電による電力を使うと、EVのCO2排出量は109グラムに達し、ガソリン車やディーゼル車と比べて圧倒的に少ないわけではない。

 このため、化石燃料による発電に依存する中国などの新興国でEV化が進んでもCO2削減効果は限定的だ。効果を高めるには、太陽光などの再生可能エネルギーの方が望ましい。EVが環境保護に有効かどうかは、各国がどれだけ化石燃料依存のエネルギー構成を見直せるかにかかっている。

 今後も新興国を中心に自動車の保有台数は拡大するとみられ、35年時点で約85%はハイブリッド車(HV)を含むエンジン車で占められるとの予測もある。そうした理由からマツダは「将来的にも大多数を占めるエンジン車のCO2排出量を下げる取り組みの優先度は高い」(冨山氏)と判断した。

 競合各社も環境面の国際要請は強く意識している。EVなどの電動車の開発に経営資源を集中する方針を鮮明に打ち出した日産の川口均専務執行役員は、「ゼロエミッション(排出ガスゼロ)車の普及に向けた基盤をつくる活動を迷いなく進めたい」と強調。EVを蓄電池として電力の需給調整に生かす取り組みなどを広め、再生エネの普及を後押しする考えだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • EV隆盛の中、「ディーゼル車」推すマツダ 異彩放つ〝逆張り戦略〟
  • EV隆盛の中、「ディーゼル車」推すマツダ 異彩放つ〝逆張り戦略〟

「ニュース」のランキング