産経ニュース

【経済インサイド】EV隆盛の中、「ディーゼル車」推すマツダ 異彩放つ〝逆張り戦略〟

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
EV隆盛の中、「ディーゼル車」推すマツダ 異彩放つ〝逆張り戦略〟

大幅改良した小型SUV「CX-3」ディーゼル車のエンジンを紹介するマツダ商品本部の冨山道雄主査=東京都港区 大幅改良した小型SUV「CX-3」ディーゼル車のエンジンを紹介するマツダ商品本部の冨山道雄主査=東京都港区

 ただ、欧州ではディーゼル車に逆風が吹いている。発端は2015年に発覚した独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題で、VWへの消費者の不信感は根強い。英仏政府は40年までにエンジン車の販売を禁止する方針で、ドイツ勢を中心にEVシフトを宣言する動きも広がる。

 自動車調査会社の英JATOダイナミクスによると、欧州26カ国で17年に販売したディーゼル車の台数は前年比7.9%減の676万台。欧州市場に占めるディーゼル比率は5.1ポイント減の43.8%だった。

 それでも力強い加速と燃費の良さを両立できるディーゼル車は、長距離で車を利用する顧客が多い欧州で根強い需要がある。メルセデス・ベンツ▽BMW▽アウディ-の「ドイツ御三家」もディーゼル技術の開発意欲は旺盛だ。

 各社の背中を押す動きは欧州連合(EU)が30年を見据えて打ち出した環境規制だ。域内で事業を手掛ける自動車メーカーに対し、21年には走行1キロ当たりの二酸化炭素(CO2)排出量を現行基準値より3割少ない平均95グラム以下とすることを求めている。CO2削減効果が高いディーゼル車の販売低迷が続けば、この目標の達成が難しくなるだけに、各社は焦り始めている。

 マツダが逆風下のディーゼル市場の攻略にこだわる背景には「ウェル・ツー・ホイール(燃料採掘から車両走行まで)」という視点でCO2削減を進めるという考え方がある。

続きを読む

このニュースの写真

  • EV隆盛の中、「ディーゼル車」推すマツダ 異彩放つ〝逆張り戦略〟
  • EV隆盛の中、「ディーゼル車」推すマツダ 異彩放つ〝逆張り戦略〟

「ニュース」のランキング