産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】日本陸軍の対米決戦条件だった北朝鮮の鉱物 北が油注ぐ米中貿易戦争の火種

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
日本陸軍の対米決戦条件だった北朝鮮の鉱物 北が油注ぐ米中貿易戦争の火種

共同声明の署名式で握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領=6月12日、シンガポール(ロイター=共同) 共同声明の署名式で握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領=6月12日、シンガポール(ロイター=共同)

 金正日氏が国家指導者になると冒頭に登場したドイツはじめ、ロシア、フランス、英国に加え米国までもが鉱山開発権を得るべく、2000年代初頭以降、大量の資金を投下した。

 北朝鮮の核・ミサイル開発を、結果的に後押ししていたことになる。とりわけ中国は、かなりな数の鉱山を北朝鮮と「共同開発」してきた。

 「共同開発」相手の北朝鮮は経済的に困窮していても、核・ミサイル開発費や石油の確保には躍起で、鉱物資源を中国に「たたき売り」した。胡錦濤国家主席が2005年に訪朝し、鉱山開発と製鉄工業近代化…など、総額2000億円の支出を約し、中国の「支援」「共同開発」は怒濤の勢いとなった。具体的には、北朝鮮と国境を接する中国吉林省の3社が茂山鉱山(中朝国境)の半世紀にわたる開発権を獲得した。

 韓国紙・中央日報は2011年、《中国が北朝鮮の豊富な鉱物資源を掘り尽くす》と警告した。

 けれども、2013年に入って潮目が変わる。小欄を書くにあたり、数百発の機関銃弾でハチの巣にされた揚げ句、火炎放射器で焼かれた北朝鮮の実質ナンバー2・張成沢氏(1946~2013年)の「罪状」を読み直し、途中の一文に目がクギ付けになった。

 《国家財政管理体系を混乱させ、国家の貴重な資源を安価で売り渡す売国行為》

続きを読む

このニュースの写真

  • 日本陸軍の対米決戦条件だった北朝鮮の鉱物 北が油注ぐ米中貿易戦争の火種
  • 日本陸軍の対米決戦条件だった北朝鮮の鉱物 北が油注ぐ米中貿易戦争の火種
  • 日本陸軍の対米決戦条件だった北朝鮮の鉱物 北が油注ぐ米中貿易戦争の火種
  • 日本陸軍の対米決戦条件だった北朝鮮の鉱物 北が油注ぐ米中貿易戦争の火種
  • 日本陸軍の対米決戦条件だった北朝鮮の鉱物 北が油注ぐ米中貿易戦争の火種
  • 日本陸軍の対米決戦条件だった北朝鮮の鉱物 北が油注ぐ米中貿易戦争の火種

「ニュース」のランキング