PR

ニュース プレミアム

【赤字のお仕事】「万引き家族」と「万引」表記 「き」のあるなしが気になります

Messenger

 フランス南部カンヌで開催されていたカンヌ国際映画祭は5月19日夜(日本時間20日未明)、最高賞である「パルムドール」に是枝裕和監督の「万引き家族」を選び閉幕しました。

 過去、日本映画でパルムドールを受賞したのは、「地獄門」(1954年、衣笠貞之助監督)、「影武者」(80年、黒澤明監督)、「楢山節考」(83年、今村昌平監督)、「うなぎ」(97年、今村昌平監督)があり、今回の受賞は21年ぶりで5作品目(監督は4人目)となりました。6月8日に全国で公開されたので、既に見られた方も多いことでしょう。

 ただ、今回の「万引き家族」、受賞自体は大変喜ばしいことですが、産経の校閲部にしてみれば悩ましいことになったなと思いました。

 なぜかというと、産経ニュースなどでの初報ではあらすじを「家族ぐるみで万引きを繰り返すことで日々の生活を維持し、絆を強めていくゆがんだ一家の物語」としましたが、この中の「万引き」は「万引」にするのが産経の表記なのです。「万引き家族」は映画の題名なので「万引」にするわけにもいきません。それに合わせてということなのでしょうか、「万引き」という表記を使っていました。

 しかし、その後出稿されてきた原稿では「万引」という表記が多くを占め、それほど混乱しなかったようで、表記で悩むかと思ったのも無用な心配だったようでした。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ