PR

ニュース プレミアム

【昭和天皇の87年】緒戦は圧勝したものの… 乃木を追い詰める国内の楽観ムード

画=井田智康
Messenger

旅順攻囲戦(2)

 日露開戦から4カ月後の明治37年6月6日、旅順攻略を任された乃木希典(まれすけ)の第3軍司令部は、遼東半島(現中国遼寧省)の張家屯に上陸した。

 乃木がまずしたことは、「直ニ負傷者ヲ見舞フ」ことだった。将兵をいたわる乃木の姿は、編成間もない第3軍の結束を強めたに違いない。

 翌日、乃木は金州に行き、激戦の末にロシア軍を駆逐した南山の戦場を視察した。5月25~26日にかけて行われた戦闘で日本軍は4300人が死傷。乃木の長男勝典もここで戦死している。周囲にはまだ、両軍兵士の死臭が漂っていた。

 有名な「山川草木(さんせんそうもく)」を詩作したのは、この時である。

 山川草木転(うたた)荒涼

 十里風腥(なまぐさし)新戦場

 征馬不前(すすまず)人不語(かたらず)

 金州城外立斜陽(しゃようにたつ)

 乃木は6月9日に隷下の第1師団司令部を、10日に第11師団司令部を訪れ、ロシア軍と対峙(たいじ)していたそれぞれの陣地を巡視した。

 このとき、歩兵第15連隊小隊長として戦地にいる、次男保典の従卒が乃木の宿舎を訪ねてきたと、日記に書かれている。

 「菓子・煙草・ウヰスキ小瓶ヲ(保典の従卒に)為持(もたせて)帰ヘス。(中略)保典書状アリ」

 乃木は、保典からの書状を、何度も読み返したのではないか。人前では息子たちの話をしなかった乃木だが、親としての愛情は十二分に深かった。

× × ×

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ