PR

ニュース プレミアム

【びっくりサイエンス】世界最大のVR空間で巨大津波を再現 思わず声を上げる迫力に避難の大切さ痛感

Messenger

 記者も実際に体験してみた。最初は欧州のクロアチアにある世界遺産の大聖堂内部が映し出された。石の柱がいくつも立ち並ぶ間を歩き回っても、周囲の光景に不自然さはほとんど感じられない。さまざまな場所から自由に見られ、柱の一つに近づくと、まるで目の前にあるようで、思わず抱きかかえそうになった。

 このように臨場感を味わうことのできるVRは、当然ながら私たちの社会に貢献する大きな可能性を秘めている。

 その一つが防災面での活用で、今回もっとも記憶に残ったのが、高さ15メートルの大津波が押し寄せてくる光景だった。東日本大震災の津波を参考に再現したといい、数百メートル先にあったかと思うと、あっという間にのみ込まれた。

 この感覚は決して心地よいものではない。疑似体験と分かっていても、思わず声を上げてしまった。そして「こんな目には遭いたくない」と思い、早期避難をはじめとした津波対策の大切さを改めて認識した。

 岩田教授は「津波の現場には絶対にいられないが、VRなら“体験”でき、自らを傍観者から“当事者”に置き換えられる」と意義を強調する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ