産経ニュース

【びっくりサイエンス】世界最大のVR空間で巨大津波を再現 思わず声を上げる迫力に避難の大切さ痛感

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【びっくりサイエンス】
世界最大のVR空間で巨大津波を再現 思わず声を上げる迫力に避難の大切さ痛感

世界最大のVR空間「ラージスペース」で再現された大津波。専用の立体メガネをかけると、よりリアルに体感でき、あっという間にのみ込まれる=茨城県つくば市の筑波大 世界最大のVR空間「ラージスペース」で再現された大津波。専用の立体メガネをかけると、よりリアルに体感でき、あっという間にのみ込まれる=茨城県つくば市の筑波大

 映像や音響などで仮想世界を作り出し、さまざまな疑似体験ができる仮想現実(VR)技術が注目を集めている。その世界最大の施設が筑波大(茨城県つくば市)にある「ラージスペース(Large Space)」だ。再現できる光景の中には巨大津波もあり、東日本大震災から7年がたって記憶の風化が危惧されるなか、防災面での活用にも期待がかかる。

 ラージスペースは2015年に完成した。大きさは幅25メートル、奥行き15メートル、高さ7・8メートルで、体育館のような大きさだ。天井に12台のプロジェクターが設置され、それぞれが範囲を分担し、天井を除く室内の壁や床に映像を投影。専用の立体メガネをかけると、まるでその場にいるような感覚を抱く。

 体験者の視界は「モーションキャプチャー」と呼ばれる技術でリアルタイムに把握されている。具体的には、立体メガネに取り付けたマーカーと呼ばれる目印を通じ、天井付近の赤外線カメラが頭部の向きを追跡。その情報と12台のプロジェクターが連動し、投影する映像の角度などを絶えず調整する仕組みだ。

 ここで研究を行っている筑波大の岩田洋夫教授(バーチャルリアリティー)は「映像の処理が大変で、全部そろっていないといけない」と難しさを話す。

続きを読む

このニュースの写真

  • 世界最大のVR空間で巨大津波を再現 思わず声を上げる迫力に避難の大切さ痛感
  • 世界最大のVR空間で巨大津波を再現 思わず声を上げる迫力に避難の大切さ痛感
  • 世界最大のVR空間で巨大津波を再現 思わず声を上げる迫力に避難の大切さ痛感

「ニュース」のランキング