PR

ニュース プレミアム

【小池知事定例会見録】受動喫煙防止条例「いろいろな意見や考え方が活発に交わされることが、意識啓発という観点から喜ばしい」

Messenger

 「そして、例えば、『きっと来るその日に備えて耐震化』という冊子が以前からございます。そして、一番最後のところに、『建物と一緒にブロック塀の点検、対策も行いましょう』ということで、ブロック塀の劣化するメカニズムと、そのメンテナンス法、それから転倒防止対策など、こういった冊子も、これまでも出しているところでありまして、今回、また、この部分なども特出しをして、皆さんにどのようにして安全を確保できるかということについて、お知らせしてまいりたいと思います。それから、今回の地震でありますけれども、まず、大都市の直下で起こったということが一つの大きなポイントであります。その点、都におきましての災害対策を進める上で、大きな教訓が得られるものと考えております。引き続き、大阪府などにおけます被害の状況、それから対応の仕方などの情報収集に努めてまいります。その結果を検証いたしまして、都の施策に活かしていく考えであります」

 「それから、都民の皆さんも、『災害は忘れた頃にやってくる』と言いますが、最近は忘れる前に、さまざまな災害が次から次へと襲いかかるというような状況。常に防災意識を持って、いざというときに適切な行動がとれるように、日頃から備えをしておいていただきたいと存じます。今回も、お一人住まいの方で、タンスか何かの家具の転倒で亡くなられていた方が、後で発見されるというような事案があったかと思いますが、例の、突っかえ棒なども改めてその効果を認識し直して、今のうちに対応できる方はやっておいていただきたいと思います。また、そのうち『忘れるかな』と思った頃に、何がやってくるかわからないわけでございますので、今日できることは、今日やっておかれた方が良いかと思います。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ