PR

ニュース プレミアム

【小池知事定例会見録】受動喫煙防止条例「いろいろな意見や考え方が活発に交わされることが、意識啓発という観点から喜ばしい」

Messenger

 「私は以前から、さまざまな技術的なチェックも行われておりますけれども、いかにして安全安心で、かつ復旧も早期にできるのか。ですから、以前、国交省、それから総務省、経産省など、関係する機関がつくばで実験などやっておりますけれども、そしてまた、海外の事例などは、電力線をそのまま埋めてしまうのです。そうすると、『切れた』、『復旧だ』というときには、スーッと抜くわけにもいかなくて、そこはまた掘り返すようなことになるので、ですから、私自身はこれからのまだ技術が半ばではありますけれども、やはり、レンコンのような形で、かつ通信線と電力線を離さなければならないというような考えであったのが、それをあまり離さなくても良いということになりますと、このレンコンの中にそれぞれ入れられるということも可能だと聞いております。そうすることによって、復旧の方も早くなるのではないかと思います。また、水道においてもガス管においても、大体こういう場合、何が問題かというと、継手になるわけです。最近は、さまざまな技術改良によって、そういった継手の部分などもより柔軟な、かつ、安全なものもできつつあると聞いております」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ