PR

ニュース プレミアム

【小池知事定例会見録】受動喫煙防止条例「いろいろな意見や考え方が活発に交わされることが、意識啓発という観点から喜ばしい」

Messenger

 --受動喫煙防止条例について自民党と共産党が修正案を出す  「今、国の方でも健康増進法の改正ということが行われております。審議が行われております。また、参議院において対案が出されるとも聞いております。こちらが国の方。そして、都におきましては、昨日も厚生委員会が開かれて、活発な参考人からの事情、意見聴取ということが行われて、意見交換もされたと伺っております。自民党さんの方からも対案が出されておりますし、また、共産党さんからも紙巻きたばこと同等に扱うべしという、加熱式たばこもということで、私はむしろ、受動喫煙に対して、皆さんのいろいろな意見や考え方、これが活発に交わされることが、まず意識啓発という観点からも喜ばしいことではないのかなと思っております。今、議会の方でご審議いただいておりますので、それぞれ都民のための一番良い方法ということを見つけていただくと同時に、私どもの提案を、都側が提案をさせていただいている今回の条例案を成立させていただくようにお願いしたいと思っております」

 「加熱式につきましては、その医学的な分析結果というものが、まだまだ不十分であるという考え方もございます。その意味で、その予防的措置という観点からのご意見ではないかと、このように思います。それも一つの考え方であろうと思います。いずれにしましても、都議会の方で受動喫煙防止対策について熱心なご議論が続き、そして、結果をお出しいただき、そして、実効性ある条例ができることを心から望んでおります」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ