PR

ニュース プレミアム

【野党ウオッチ】もがく国民民主党は会期アディショナルタイム生かせるか? 「独自色」は野党連携に水、支持率1%割れ

党首討論を終え、安倍晋三首相(右)と握手する国民民主党の玉木雄一郎共同代表=5月30日、衆院第1委員室(宮崎瑞穂撮影)
Messenger

 国民民主党が党勢拡大に向けて試行錯誤を重ねている。「脱・抵抗野党」を旗印に、立憲民主党の抵抗路線と一線を画することで存在感を高めようとしているが、結党1カ月で支持率は1%を切ってしまった。国会で独自色を発揮すればするほど、野党連携に水を差すとの指摘を受けるジレンマも抱え、難しいかじ取りを迫られている。

 「働く仲間の皆さんの立場に立って新しい日本を作り上げていく。これができるのは国民民主党だ!」

 結党1カ月を迎えた今月7日、東京・JR新橋駅前で玉木雄一郎共同代表(49)は仕事帰りのサラリーマンやOLたちに、こう熱く訴えかけた。大塚耕平共同代表(58)も駆け付け「私たちが政権を預かるときは、正直な政治、偏らない政治、現実的な政治を皆さんに届けることを約束する」と述べ、政権交代実現へ意欲を示した。

 国民民主党は毎週木曜日に都内で街頭演説を行い、党名や政策の浸透を図っている。国会では存在感をアピールしようと独自色発揮を試みている。

 例えば「原則、審議拒否しない」。玉木氏は結党当初にこう宣言し、国会論戦を通じてさまざまな追及にあたる姿勢を打ち出した。インターネット番組で共演した日本維新の会創設者、橋下徹前大阪市長(48)の提案が発端だが、今のところ有言実行を果たしている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ