PR

ニュース プレミアム

【経済インサイド】ATM“赤字”で共通化「待ったなし」 高いハードル超え実現なるか

Messenger

 ある大手銀幹部は「銀行側の論理が先行して、台数を減らすことに重点が置かれていないか」と警鐘を鳴らす。共通化で3メガが重複地域のATMを集約し、台数を絞り込めば、現金取引に絡む窓口業務も圧縮できるなどコスト減に大きく貢献する。一方、利用者が集中する都市部ではATMに並ぶ人が増え、現金や通帳への需要が根強い地方では利便性を損なうリスクをはらむ。行き過ぎた合理化は顧客の不満を浴びかねないだけに、利便性との両立をいかに調整するかも焦点になる。(経済本部 万福博之)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ