産経ニュース

【TVクリップ】「68歳の新入社員」高畑充希 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【TVクリップ】
「68歳の新入社員」高畑充希 

ドラマ「68才の新入社員」主演の女優、高畑充希(寺河内美奈撮影) ドラマ「68才の新入社員」主演の女優、高畑充希(寺河内美奈撮影)

最強のパートナーは40歳差! 

 昔ながらの伝統の味で親しまれてきた老舗和菓子会社「羊堂本舗」。新たな客層を開拓するため、新規ビジネスの担当として先頭に立つ工藤繭子(まゆこ)を演じる。新入社員として部下となるのが仁井本(にいもと)和夫(草刈正雄)だ。28歳と68歳という設定は、実年齢ともほぼ重なる40歳差。「普通なら自分の年齢で草刈さん世代の俳優さんと、がっぷり四つに組める脚本はない。2人のシーンがすごく多くて至福の時間でした」

 草刈との共演は初。「10年前に草刈さんの娘さんと共演し、家に遊びに行って『パパだよ』って。それでごあいさつしたのが最初で“友達のパパ”っていう印象」というが、ドラマ内では「『仁井本』と呼び捨てしたり、強く当たったりすることが多く、ただ虐げているようになると嫌だなと思い、リスペクトだけはずっと持ってるようにしました」。

 数年前に文具会社の経理で働いていた繭子は、新製品企画の社内公募で採用され大ヒットを飛ばすが、社内からの妬みに嫌気がさし退職。失業中、親友に愚痴をこぼしていたところを羊堂本舗社長の岡崎健吾(丸山智己)に誘われて入社していた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「68歳の新入社員」高畑充希 

「ニュース」のランキング