PR

ニュース プレミアム

【昭和天皇の87年】1歳3カ月でハイハイ 英国婦人も感嘆した「誇り高き血」

画=井田智康
Messenger

運命の皇子(3)

一、心身の健康を第一とすること

二、天性を曲げぬこと

三、ものに恐れず、人を尊ぶ性格を養うこと

四、難事に耐える習慣をつけること

五、わがまま気ままのくせをつけないこと

 国民待望の皇子、裕仁親王(のちの昭和天皇)の養育を託された枢密顧問官の川村純義が、心に誓った5つの基本方針である。

 この方針のもと、裕仁親王は順調に成長した。以下、昭和天皇実録が書く。

 明治34年10月5日《川村伯爵邸にて箸初の御祝が行われる》(1巻20頁)

 同年10月24日《この日より、海水と真水を一対三の割合で混ぜた湯による御入浴を試みられる》(同22頁)

 35年1月1日《この日より純牛乳が供進される。以後、供進の御食品の種類は漸次増加し、この年には肉汁羮(あつもの)・粥(かゆ)・鶏卵・蔬菜(そさい)・魚肉・パン・果物・オムレット等が供される》(同25頁)

 同年2月1日《左上内切歯の発生が確認される。以後、順調に乳歯が発生する》(同26頁)

 同年7月31日《本日初めて匐行(ふくこう=ハイハイ)をされ、八月五日には掴(つか)まり立ちをされる。以後、御匐行は次第に速やかになり、掴まり立ちも頻繁にされるようになる。その後、十一月十三日には初めて御自身でお立ちになり、二十四日には、御起立の際に初めて一、二歩歩まれる》(同33頁)

 36年5月《この頃より、片言にて御言葉を発せられる》(同45頁)

× × ×

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ