PR

ニュース プレミアム

【阿比留瑠比の極言御免】河野洋平元衆院議長の無情

Messenger

 むしろ政府より厳しめの発言をして、政府が日朝交渉の際に「これだけ強い反対があるのを押し切って話を進めている」と言えるようにするのが筋だろう。

 拉致問題をめぐっては11年12月、外務省アジア局長に内定していた槙田邦彦氏が自民党外交部会で、こう言い放ったことがある。

 「たった10人のことで日朝国交正常化交渉が止まっていいのか。拉致にこだわり国交正常化が進まないのは国益に反する」

 これも批判を受けたが、後に別の外務省幹部から意外なことを告げられた。

 「あれはもともと、(外相時代の)河野氏のセリフだった。槙田氏はそれを引用した形だ」

 同胞の生命や人権にかかわる国家の主権問題を矮小(わいしょう)化して犯罪国家に忖度(そんたく)して自国にばかり譲歩を求める政治家とは、いったい何だろうか。彼らが考える国益とは何なのか、どうしても理解できない。(論説委員兼政治部編集委員)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ