産経ニュース

【大リーグ通信】イチローの「お仕事」に熱視線 早出練習の打撃投手 岩隈久志の指南役は延期

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【大リーグ通信】
イチローの「お仕事」に熱視線 早出練習の打撃投手 岩隈久志の指南役は延期

打撃投手を務めたマリナーズのイチロー=6月5日、ヒューストン(共同) 打撃投手を務めたマリナーズのイチロー=6月5日、ヒューストン(共同)

 ところが、岩隈の寝違えの回復具合が思わしくなく、打撃投手としてマウンドに立つことは中止に。イチローが岩隈の投球を打ち返しながら、復帰へのアドバイスをすることはなかった。

 MLBの公式HPはイチローの現在の役割として、「チームとともにトレーニングや打撃練習しながら、アドバイザーとしての役割を担っている」と説明している。 

 岩隈は昨年9月に右肩のクリーニング手術を行い、マイナー契約を結んで6月中の復帰を目指していたが、遅れる見通し。苦闘する後輩日本選手に助け舟を出そうとしたのだろう。

 これとは別に、目立った“活躍”としては、5月12日に敵地デトロイトでのタイガース戦にベンチコーチとしての役割を担ったことがある。サービス監督がミシシッピ州に暮らす長女の修士号授与式に出席するため、戦列を離れたことに伴い、代わりにベンチ入りした。メンバー交換の用紙やベンチ内のボードに選手名を書き込んだり、試合前にはメンバー交換に出向いたりと忙しかったようだ。

 2試合を1勝1敗の結果に、イチローは「2つとも負けたら、絶対に僕のせいにされるから、負けなくてよかった」とホッとした表情で話していたが、周囲の評判はというと、「監督代行を務めたマニー・アクタ・コーチは、『イチローがコーチにいるなんて、なんてぜいたくなことか。私の孫に話したくらい、歴史的なことだよ。彼はとても素早く動いていた』と感激していた」(シアトル・タイムズ紙)と高評価。

 コーチ業もそつなくこなすイチローに「いつ監督になっても務まる」という声が、シアトルのメディアにはネットなどで届いていた。

 マリナーズはイチローがアドバイザーを務めて以降、調子が急上昇。6月初めにはイチローが大活躍した2003年以来のア・リーグ西地区で王者アストロズを上をいく単独首位に立った。ポストシーズンへ向け、意外なところでイチローの力がプラスに働いていく。

このニュースの写真

  • イチローの「お仕事」に熱視線 早出練習の打撃投手 岩隈久志の指南役は延期

「ニュース」のランキング