PR

ニュース プレミアム

【大前恵の勝つための食育】ソフトB・内川聖一を支える妻の意識

Messenger

 内川選手のオフの自主トレには高校時代の友人たちが球拾いを手伝いに駆けつけます。広島の鈴木誠也選手は日本代表「侍ジャパン」で知り合ってから自主トレ参加を志願しました。今年は他球団の選手が共通のトレーナーをツテに“飛び込み参加”しました。

 上原浩治投手ら、担当している選手の中で投手では息の長い選手が増えてきました。一方で、野手では内川選手が最年長です。投手だと毎試合投げるわけではないので状態をテレビなどでチェックしやすいですが、野手だといつも試合に出ているのでつい、見逃してしまう日もあります。そのため、こちらから積極的に状態などをチェックする連絡を入れるようにしています。

 上原投手のように、内川選手には年齢を重ねても第一線で活躍できる野手の代表格になってもらえるように、応援していきたいです。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ