産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】ネームバリューや待遇のみで判断する「企業選び」の危険

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
ネームバリューや待遇のみで判断する「企業選び」の危険

損害保険ジャパン日本興亜の面接に臨む学生たち=6月1日、東京都新宿区(宮崎瑞穂撮影) 損害保険ジャパン日本興亜の面接に臨む学生たち=6月1日、東京都新宿区(宮崎瑞穂撮影)

 このような人は一般的に就活エリートと呼ばれ、就活を大学受験と同じように考えています。就活エリートの特徴をまとめたので参考にしてください。

 (1)ネームバリューや待遇だけで企業を選んでいる

 (2)就職偏差値を自分の中で作っており、より“高い”偏差値の企業を好む

 (3)今までの人生の中で、自分で判断した経験が少なく、周りが良しとする道を選んできた

 (4)主に高学歴の人に多く、周りの友人とつまらない見えの張り合いをしている

 一概に就活エリートが悪いわけではないですが、就活は受験と違って誰かと競うものではありません。大企業に行くのも、それほど知られていない企業に行くのも正解です。まだ働く実感がないから就活をしないという選択もまた正解なのです。自分自身にしっかり向き合って周りに流されることのない人生を歩んでほしいと思います。(「内定塾」講師 齋藤弘透)

 ここ十数年で新卒の就職活動も大きく変化してきました。今年は特に変化の年になります! 新卒の就職活動は、世の経済状況や世相を反映しやすく、年によって状況が異なります。東京、名古屋、大阪の主要都市を中心に全国12校舎を持つ、就活塾・予備校最大手の「内定塾」講師が週替わりで、就活事情の最前線をご紹介します。

続きを読む

「ニュース」のランキング