産経ニュース

加山雄三さん 炎上した愛船「光進丸」への思いを激白 試練乗り越え新作に感謝込める

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


加山雄三さん 炎上した愛船「光進丸」への思いを激白 試練乗り越え新作に感謝込める

在りし日の愛船「光進丸」で笑みを浮かべる加山雄三さん(C)ドリーミュージック 在りし日の愛船「光進丸」で笑みを浮かべる加山雄三さん(C)ドリーミュージック

 この2曲は、27日発売のアルバム「演歌の若大将~Club光進丸」(ドリーミュージック)にも収めた。自作曲(弾厚作名義)のほかに「雪國」や「奥飛騨慕情」など、加山さんが光進丸で仲間たちとのカラオケで楽しんだ演歌も歌っている。

 加山さんは、「僕の声は演歌向きではないけれど、気持ちだけは演歌をやっているつもりでいます」とはにかむ。演歌中心の11曲からは「船上では演歌しか歌わなかった」という加山さんの光進丸への愛情がひしひしと伝わってくる。

試練や困難に試されて

 アルバムは、光進丸が炎上する前に企画した。ジャケット写真で加山さんは、「Club 光進丸」というネオンサインの前でマイクを握って笑顔を見せている。撮影は3月22日。10日後に船は燃えた。加山さんが光進丸で過ごした最後の日となった。

 タイトルやジャケット写真の変更も検討したが、光進丸への感謝の気持ちを残そうと、そのままの形での発売を決めた。

 加山さんは「試練や困難に耐えられるのかと、試されているように感じている。耐える方法を思案しながら一生懸命に生きている」と今の心境を語る。

 「最終的には自分の“心の在り方”がとても重要だと思う。荒波に持ちこたえられるような大きな心でありたい」

続きを読む

このニュースの写真

  • 加山雄三さん 炎上した愛船「光進丸」への思いを激白 試練乗り越え新作に感謝込める
  • 加山雄三さん 炎上した愛船「光進丸」への思いを激白 試練乗り越え新作に感謝込める
  • 加山雄三さん 炎上した愛船「光進丸」への思いを激白 試練乗り越え新作に感謝込める
  • 加山雄三さん 炎上した愛船「光進丸」への思いを激白 試練乗り越え新作に感謝込める

「ニュース」のランキング