PR

ニュース プレミアム

【経済インサイド】自動運転車は「乗用車」より「商用車」で先行!? 7年後に無人隊列目指す

有人で自動運転するトラックに並走する観光バスの車内モニター。運転手がハンドルとペダルを操作していない様子が映し出された=5月、東京都羽村市の日野自動車羽村工場
Messenger

 乗用車で自動運転技術の開発競争が過熱する中、トラック・バスなど商用車を手がける日野自動車も完全自動運転の実現に向けた技術開発ロードマップ(計画表)を発表した。平成37年以降にエリア限定で全ての操作を自動化する商用車を実用化するほか、複数のトラックが隊列走行する技術の進化も急ぐ。自動運転で先行する独ダイムラーなどの欧州勢にどう立ち向かうのか。日野の戦略に迫った。

 「交通事故死傷者ゼロを目指し、完全自動運転に向けた技術開発を段階的に進めたい」

 同社が5月21日に東京都羽村市の羽村工場で開いた自動運転技術に関する説明会。遠藤真副社長は力強くこう宣言した。

 ロードマップによると、34年をめどに一定の条件下で自動走行し緊急時に運転手が操作する「レベル3」の自動運転技術を搭載した商用車を開発。37年以降には、エリア限定で全ての操作が自動化される「レベル4」以上の車両を実用化する。

 複数のトラックが加速・減速を自動制御して隊列走行する技術の開発も急ぐ。35年をめどに、有人の前走車を有人の後続車が自動追従する「有人隊列走行」を実用化。37年以降には、有人の前走車を無人の後続車が自動追従する「無人隊列走行」を実現する。

 開発を急ぐ背景には、運送業界の深刻な人手不足と運転手の高齢化のほか、路線バスの縮小・廃止に追い込まれた過疎地の移動手段を確保する狙いもある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ