PR

ニュース プレミアム

特別列車「キスできる餃子号」に記者が同乗!! 車掌は制服姿のあの女優、シャカシャカ体験も…

Messenger

 宇都宮はカクテルバーが軒を連ねる「カクテルの街」でもある。その魅力を体験してもらおうと、車内でカクテルシェーク体験があった。宇都宮の名店から2人のバーテンダーが乗り込み、1~3両は「パイプのけむり池上町本店」の相葉渉さん(30)、4~6両は「パイプのけむり武井」の堀田京介さん(28)が乗客にレクチャー。

 プラスチック製シェーカーでオリジナルカクテル「栃乙女ダイキリ」をシェークする。仕事仲間と乗車した栃木県小山市の会社員、川田和輝さん(28)は「貴重な体験ができた。シェークすると味がまろやかになり、おいしい」と満足げ。相葉さんは「カクテルが宇都宮に多くの人を呼ぶ観光の目玉になっているのはうれしい」と話した。

 シャカシャカやるのが楽しそうで、記者もぜひ今度、体験したいと思った。

ジャズの街へ

 足立さんは車内放送で「映画やDCを通じ、皆さんに宇都宮の魅力が伝われば幸いです」とアナウンスし、一日車掌の仕事を締めくくった。

 宇都宮駅に到着したのは午後0時5分ごろ。列車を降りると、ホームでのジャズ生演奏で迎えられた。宇都宮は毎晩、市内のどこかの店でライブ演奏がある「ジャズの街」。優雅な旋律に送られ、乗客は足取り軽く、この日開催の「宇都宮カクテルカーニバル」の会場へ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ