産経ニュース

【ビジネス解読】ブラック企業はこれで壊滅! 外食業界などで導入が進むアルバイト定着の〝秘密兵器〟

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ビジネス解読】
ブラック企業はこれで壊滅! 外食業界などで導入が進むアルバイト定着の〝秘密兵器〟

ブラック企業壊滅にもつながる人材活用システム「パフォーマンスプラス」の自己振り返り画面 ブラック企業壊滅にもつながる人材活用システム「パフォーマンスプラス」の自己振り返り画面

 現場のタブレット端末やスマートフォンと、会社のシステムをつなぎ、質問に答える形でその日の仕事ぶりを振り返ったり、コメント欄に感想や会社に報告したいことを入力したりできる。

 開発したのは、東京・下町のIT企業、アルカディア・イーエックス(東京都江東区)。米ウォルト・ディズニー・カンパニーの日本法人、ウォルト・ディズニー・ジャパン(東京)のシステム部門出身の佐藤正社長(53)が、さまざまな雇用形態で集まるキャスト(従業員)を育て、大切にするディズニー流の人材管理術を参考にしたという。

 システムの提供開始は平成27年だが、外食や小売業だけでなく、介護サービスなど幅広い業種で人手不足が深刻になり、初年度に9社だった契約数は、28年度に新たに24社、29年度にさらに26社と契約するなど拡大。中華料理店、居酒屋、弁当、ファストフード、衣料品小売り、美容・エステといった大手有名チェーンのほか、介護やコールセンター、病院でも導入が進んでいる。

 槇千亜紀副社長によれば、ある飲食店チェーンでは「数台ある炊飯器のうちの1台が壊れているのに店長が放置したままで、ランチタイムが終わる前にライスがなくなってしまう状況が続いている」と、店員がコメント機能を利用して経営陣に訴えたところ、すぐに新しい炊飯器が入ったという“成果”も。

 まるで、素性を隠し、変装して自社の現場に潜入、会社の課題を発見するNHKのテレビ番組「覆面リサーチ ボス潜入」のようだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • ブラック企業はこれで壊滅! 外食業界などで導入が進むアルバイト定着の〝秘密兵器〟

「ニュース」のランキング