PR

ニュース プレミアム

【近ごろ都に流行るもの】「発見! 和の乳酸菌」 伝統のくず餅は健康食品だった 

船橋屋のくず餅乳酸菌入りかき氷。左は篠原優奈さん=東京都江東区
Messenger

 黒蜜ときな粉でいただく、ねっとり食感の和菓子が、実は健康食品だった! 江戸製法のくず餅に、腸活や免疫力アップが期待できるパラカゼイ種乳酸菌が含まれていたことが最近判明した。文化2(1805)年創業の老舗、船橋屋(東京都江東区)では今月から「くず餅乳酸菌」入りのかき氷がお目見えするなど、今後多彩な商品活用が計画されており、伝統のくず餅に新時代が到来している。(重松明子、写真も)

 いつもの取材と同じようにたずねた。年齢をおうかがいしてよろしいでしょうか?

 目の前には、細身のスーツを着こなすシュッとした若旦那風情の紳士。船橋屋8代目当主、渡辺雅司社長の答えに、えっ!? 思わず聞き返した。

 「54歳、(サザエさんの父)磯野波平と同じです。何もやっていないのに老けないんです」と真顔でいう。

 日々変化するくず餅の歯応えを、毎日確認するのが当主の役目。「父は81歳の今も週2回ゴルフをやり、祖父もショートホープ(たばこ)を1日2箱、大酒も飲んでいたが元気で88歳まで生きた。『健康長寿』といわれてきた渡辺家の謎が解けた気持ち。くず餅のおかげに間違いない」

 くず粉由来の関西のくず餅とは別物で、関東のくず餅は和菓子で唯一の発酵食品だ。小麦粉を練ってグルテンと分離させたでんぷんを寝かせ、船橋屋では450日間の自然発酵後に蒸し上げる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ