PR

ニュース プレミアム

【アメリカを読む】全米が歓喜した英ロイヤルウェディング メーガン妃の地元LAに新名所続々

Messenger

 米芸能メディア「E! Online」などによると、大人のパジャマパーティーも開催された。ハリウッドの人気パブレストラン「キャット・アンド・フィドル」では、英国の代表料理フィッシュ・アンド・チップスとともに、ノンアルコールの特別ドリンク「マークル・スパークル」「ブラッディ・ハリー」を提供。

 英国出身の俳優、クレイグ・ヤングさんがバスローブをまとい、ハリー王子の仮面をかぶって結婚式をテーマにしたクイズ大会を司会するなど盛り上がったようだ。

 ちなみに、この店のオーナーの娘がメーガン妃と同じ高校に通っていたといい、セレブが集うハリウッドならではの濃密な人間関係も浮かぶ。

 同じハリウッドにある有名ホットドッグ店「ピンクス・ホットドッグ」は16~19日、特別の「ロイヤルドッグ」を限定販売した。2本のソーセージをパンで挟み、マスタード、チーズ、オニオンなどを載せ、2枚のベーコンとともに特製チリソースをかけたものでボリュームたっぷりだった。

 地元情報メディア「LAウイークリー」(電子版)は、メーガン妃ゆかりの地元スポットを紹介した。

 誕生後最初に住んだ家から、礼拝に通った教会、アルバイトをしていたフローズンヨーグルト店や文房具店、利用していたセレブ専用のケータリングの店など、地図まで付けて詳細に解説しており、すでに観光客向けツアーも誕生しているという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ