産経ニュース

【衝撃事件の核心】バリトンオペラ歌手の元市議、なぜ自身の誕生日に妹一家を刺したのか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
バリトンオペラ歌手の元市議、なぜ自身の誕生日に妹一家を刺したのか

高木彩友美ちゃんら4人が刃物で切り付けられたビル2階の居酒屋「三代目 浜包丁」=5月13日午後10時45分、千葉市稲毛区(橘川玲奈撮影) 高木彩友美ちゃんら4人が刃物で切り付けられたビル2階の居酒屋「三代目 浜包丁」=5月13日午後10時45分、千葉市稲毛区(橘川玲奈撮影)

 当時を知る元市議は「25年くらいから精神的に不安定な状態になっていたようだ。議員になる前から知っているが、まさか市議に立候補するとは思わなかった。本人は『落ちても歌手として名が売れる』というようなことを言っていたが、政治に合わない人を政治に巻き込んだ人の責任は小さくない」と語る。

 小田容疑者は27年4月の市議選には出馬せず、2期で市議を引退。関係者によると、2年ほど前に千葉市を離れ、沖縄県に移住した。移住後も被害者家族とは定期的に連絡を取っており、時折、千葉に帰郷していたという。今回も、事件の前日に沖縄から千葉に戻ったとみられている。

 逮捕された当初は意味不明な供述をしていたが、その後切り付けを認める供述を始めたという小田容疑者。ただ、捜査関係者は「動機についての供述は一貫しているが、到底理解できるものではない」と眉をひそめる。

 定職に就いていないことを被害者家族からとがめられ、不満を持ったという話もあるが、真の動機は分からない。県警は小田容疑者の鑑定留置も視野に、慎重に捜査を進める方針だ。(千葉総局 橘川玲奈)

このニュースの写真

  • バリトンオペラ歌手の元市議、なぜ自身の誕生日に妹一家を刺したのか
  • バリトンオペラ歌手の元市議、なぜ自身の誕生日に妹一家を刺したのか
  • バリトンオペラ歌手の元市議、なぜ自身の誕生日に妹一家を刺したのか
  • バリトンオペラ歌手の元市議、なぜ自身の誕生日に妹一家を刺したのか

関連ニュース

「ニュース」のランキング