PR

ニュース プレミアム

【衝撃事件の核心】バリトンオペラ歌手の元市議、なぜ自身の誕生日に妹一家を刺したのか

高木彩友美ちゃんら4人が刃物で切り付けられたビル2階の居酒屋「三代目 浜包丁」=5月13日午後10時45分、千葉市稲毛区(橘川玲奈撮影)
Messenger

 5月13日夜、千葉市稲毛区のJR稲毛駅前にある居酒屋から悲鳴が上がった。家族4人が同じ個室内にいた男に包丁で次々に切り付けられ、同区の幼稚園児、高木彩友美(あゆみ)ちゃん(6)が亡くなったのだ。千葉県警に殺人未遂容疑で逮捕されたのは、彩友美ちゃんの母親(42)の兄で元千葉市議の小田求(もとむ)容疑者(46)=6月3日に彩友美ちゃんへの殺人容疑などで再逮捕。関係者によると、小田容疑者は自ら店の予約を取り、4人を居酒屋に誘っていた。バリトンオペラ歌手で元千葉市議という異色の経歴を持つ小田容疑者は、なぜ妹一家を刺すという凶行に及んだのか-。

 事件現場となったのは、JR総武本線が走る稲毛駅から徒歩3分の和食居酒屋「三代目 浜包丁」の個室。一家4人と、彩友美ちゃんの伯父に当たる小田容疑者の5人は、午後6時40~50分ごろに入店。事件が起きたのは乾杯の後、食事を始めていた午後7時ごろだった。

 小田容疑者は突然、かばんに隠し持っていた包丁で右隣に座っていた彩友美ちゃんの父親(44)の太ももを刺し、テーブルを隔てて座っていた彩友美ちゃん、彩友美ちゃんの母親の順に次々と切り付けていった。彩友美ちゃんの母親は1歳の次女を背中におんぶしていた状態で切り付けられ、次女も顔などにけがを負った。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ