PR

ニュース プレミアム

【メディア会見録】5月(2)「万引き家族」のカンヌ最高賞 フジの宮内正喜社長「感無量」

文化放送の新番組「竹中功のアロハな気分」でDJに挑戦している吉本興業の元広報マン、竹中功さん(大塚創造撮影)
Messenger

 5月に行われたテレビ・ラジオ各局の会見では、4月に引き続き、放送制度改革の議論への言及が相次いだ。また、映画「万引き家族」(是枝裕和監督)がカンヌで最高賞を受賞したことを受け、製作を担当したフジテレビの宮内正喜社長は「感無量」などと喜びを語った。

「災害時に機敏な動きできるか疑念」

 【文化放送会見、5月15日正午~】

 《放送制度改革の議論で、放送設備(ハード)と番組制作(ソフト)の「分離論」が出ていることについて問われ、上口(かみぐち)宏社長が答えた》

 上口社長「規制改革推進会議における産業振興のための議論と、中立をうたった放送法に絡んだ話が、どう結ぶつくのか、正直まだ判然としない」

 「ハードとソフトを分離して、放送局が制作会社としてだけの存在になった場合、災害が起きたときに機敏な動きができるのかという疑念がある。議論が、どういうことをイメージされているのかをお聞きしないと、何とも申し上げにくい」

 《この日の会見ではゲストとして、4月に始まった新番組「竹中功のアロハな気分」を担当している竹中功(いさお)さん(59)が登場。竹中さんは同社に入社後、情報誌「マンスリーよしもと」初代編集長、タレント養成所「よしもとNSC」設立などに携わり、よしもとクリエイティブエージェンシー専務などを経て平成27年に退社。ラジオ番組のDJは今回が初めてといい、感想を述べた》

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ