産経ニュース

日本一高所の本屋さん!? 随時営業、それでも登山者に好評です

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


日本一高所の本屋さん!? 随時営業、それでも登山者に好評です

登山者との会話を楽しむ細井さん。こうした交流を深めたくて本屋を開いた(松本浩史撮影) 登山者との会話を楽しむ細井さん。こうした交流を深めたくて本屋を開いた(松本浩史撮影)

 やっとのことで山頂にたどりついたら、そこには本屋さん-。普通では考えられないこんな場面に出くわしたら、誰もがいささか驚くだろう。ところが、普段は草刈りや除伐などの山仕事にいそしみ、気が向いた休日に書棚を担いで山に登り、古本をさばいている人が、実際に長野県にいる。お金もうけなどではなく、見ず知らずの登山者と書評を交わしながら、歓談のひとときを過ごしたい思いが、そうさせている。あなたが登った山の頂上でお目にかかれるかもしれない。

立ち読みも奨励

 長野県中野市、山ノ内町などの境界に位置する高社山。標高1351・5メートルの山頂は、ほどよい暖かさに包まれ、優しい風が頬をなでてくれる。見渡せば、綿のような雲が悠然と眼下を流れている。

 登り終えまずは一息と、どっかりと腰をおろしていたり、お昼ご飯をおいしそうに頬張っていたり、していることは違っても、どの登山者も登り切った充実感にあふれている。「何やってるの」「本屋さんをしています」「へぇー、それりゃすごいな」「立ち読みも推奨しています」

 手作りだという観音開きの書棚を開けて、古本の購入を勧めているのは、細井岳さん(37)。4年ほど前から40~50冊の古本を一度に担ぎ、県内を中心にあちらこちらの山々で、「山頂の本屋さん」を営んでいる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 日本一高所の本屋さん!? 随時営業、それでも登山者に好評です
  • 日本一高所の本屋さん!? 随時営業、それでも登山者に好評です
  • 日本一高所の本屋さん!? 随時営業、それでも登山者に好評です
  • 日本一高所の本屋さん!? 随時営業、それでも登山者に好評です

「ニュース」のランキング