PR

ニュース プレミアム

【経済インサイド】新日鉄住金が誕生からわずか5年半で「日本製鉄」へ 社名変更決断の背景

「日本製鉄」に社名変更する新日鉄住金の君津製鉄所。同社は海外進出を加速する一方、国内では合理化による競争力再強化に取り組んでいる=千葉県君津市
Messenger

 新日鉄住金が、来年4月1日付で社名を「日本製鉄」に変更すると5月中旬に発表した。平成24年10月に旧新日本製鉄と旧住友金属工業が経営統合して誕生した国内鉄鋼最大手は、わずか5年半で社名変更を決断し、住友グループの名門「住金」の称号は“消滅”することになった。現在の社名がようやく浸透し始めたこのタイミングで、あえて変更に踏み切る理由とは-。

 「日本発祥の製鉄会社として未来に向かい、世界で成長を続ける企業にふさわしい、より包摂的で新たな商号に変更する」

 5月16日に新日鉄住金が東京都内で開いた記者会見。進藤孝生社長は、社名変更の理由を繰り返しそう説明した。英文表記も「ニッポン・スチール&スミトモ・メタル」から「ニッポン・スチール」に変更。6月26日開催の定時株主総会で承認を得て正式決定するという。

 新日鉄住金という社名について、進藤社長は「かなり長いといろんな人からいわれてきた」と打ち明ける。確かに、英文表記だと特に長い。「しんにってつすみきん」ではなく、「しんにってつじゅうきん」と間違って呼ばれることもあった。

 「鉄鋼メーカーかどうかすらよく分からない」。同社の社員は苦笑する。

 だが、それが一番の変更理由ではない。

 変更の狙いを読み解く上で、最も重要なキーワードが、「世界」だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ