PR

ニュース プレミアム

【iRONNA発】日大「危険タックル」 内田前監督の「矛盾」は立証できる 高橋知典氏

Messenger

 ただ、日大アメフット部の内田正人前監督は会見で「信じていただけないと思うが、私の指示ではございません」と関与を否定。その一方で「フィールドで起こったことなので、すべては私の責任です」とも言っている。

 つまり、内田前監督は、刑事責任の問われるような指示については知らないが、法的ではない道義的責任は負うと述べているのである。では、このように指導者側が責任を認めないケースで言い訳をなくすためには、どうすればいいのか。

 一つは、証拠を精密に積み重ねていくことだ。そのためには、反則行為について関与していない指導者が通常取る行動と、内田前監督らの実際の行動との「ズレ」を想定する必要がある。

 もし、何も指示を出していない監督の前で、あのような事態が生じていれば、まず本人にその場でなぜそのような行動を取ったのかと理由を聞くだけでなく、関西学院大側に即謝罪を行うなどの動きがあってしかるべきだ。

 内田前監督は会見で「反則行為は目に入らなかった」と説明したが、選手の行動に関して、ラフプレーが続くようであれば、本来その場で指導すべきだろう。監督の話と矛盾するこうした事実の積み重ねを、証拠によって適示することができれば、見解を改めさせることができる。

 もう一つは、他の部員や関係する指導者たちの「内部証言」を集めることだ。内田前監督らは、焦点となっている「つぶせ」という言葉の意味について「試合前によく使う言葉であり、『最初のプレーから思い切って当たれ』という意味」と説明している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ