PR

ニュース プレミアム

【TVクリップ】オトナの土ドラ「限界団地」俳優、佐野史郎

Messenger

 なお、劇中では仲良くしないと、いつの間にか遺体で発見される展開が待っている。

 63歳にして連続ドラマ初主演。

 「台本を渡されて、ずいぶん出番が多いな、とは思ったけど、まさか主演だとは思わなかった」と笑う。座長としてのプレッシャーを感じつつ「ピラミッドの頂点に君臨するのではなく、一人一人と話し合い、ドラマを作り上げていきたい」と周囲に向き合う。娘ほど年の違う共演者の足立へ話す言葉にも気を使うといい、「僕の言うことを素直に受け取らなくていい。役者として対等でいたい、それでこそ予期せぬリアリティーが生まれると思うから」。

 リアリティーを追い求め、撮影期間は寺内と同じように、愛する団地のことを一心に考えている。「“本当の自分”として寺内を演じている」。インタビュー中も思いついたそばから、細かいせりふの調整を行っていた。「台本をなぞるだけでは虚構にしかならない。突き詰めてこそ現実が生まれる。視聴者にも、寺内と一緒に土曜の夜を生きてもらいたい」(文化部 三宅令)

 ●フジテレビ 土曜午後11時40分~ 

 さの・しろう 昭和30年生まれ。島根県出身。劇団「状況劇場」などに所属し、昭和61年に映画「夢みるように眠りたい」で初主演。平成4年、ドラマ「ずっとあなたが好きだった」(TBS系)でマザコンの代名詞となった桂田冬彦(冬彦さん)役で一躍有名に。今年のNHK大河ドラマ「西郷どん」では井伊直弼を演じた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ