PR

ニュース プレミアム

【経済インサイド】再稼働に慎重な米山知事が辞職 新潟県知事選でどうなる「柏崎刈羽原発」

Messenger

 米山氏は前回知事選で共産、社民などの推薦を受け当選。池田氏も再稼働に慎重だった米山路線を継承するとみられる。

 一方、5月15日に会見した花角氏は原発再稼働をめぐり、米山氏が進めた県独自の安全性検証の継続を明言。検証終了まで再稼働は認められないとし、「将来的に原発に依存しない社会を目指す」とも述べた。こちらも再稼働に慎重な姿勢をにじませた。

 現時点で知事選の行方を占うのは困難だが、これでは、どちらが知事選に勝っても再稼働は難しいということになる。

 地元の自民党関係者は今回の知事選について「米山路線を否定せず、原発を争点化しなければ勝てる」とつぶやく。逆に言えば再稼働に前向きな姿勢では、知事選で逆風にさらされるというわけだ。

 なぜか-。

 関西電力の大飯原発(福井県おおい町)や九州電力の玄海原発(佐賀県玄海町)など、福島第1原発事故を受けて導入された新規制基準のもとで再稼働した原発は、いずれもそれぞれの電力会社の供給エリア内に立地している。住民は安全性はもちろんだが、原発再稼働に伴う値下げなど経済性も考慮に入れて再稼働の是非を判断する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ