PR

ニュース プレミアム

【経済インサイド】再稼働に慎重な米山知事が辞職 新潟県知事選でどうなる「柏崎刈羽原発」

Messenger

 新潟県の米山隆一前知事が女性問題で突然辞職したことを受け、県知事選が6月10日に投開票される。知事選は東京電力柏崎刈羽原子力発電所の再稼働に慎重だった米山路線の是非が大きな争点になる見通しで、自民党が推す候補と、立憲民主や国民民主など野党が支援する候補の事実上の一騎打ちが予想されている。ただ、知事選の行方がどうあれ、再稼働に向けた地元の同意を得るのは容易ではなく、東京電力ホールディングスには険しい道が待ち受けている。

 複数の女性と金品をやりとりしながら関係を持っていたと認め、辞職に追い込まれた米山氏。4月18日の記者会見では「言い訳かもしれないが、好かれるためにやっていた」などと、時折涙を浮かべながら釈明した。

 米山氏は福島第1原発事故の原因や安全な避難方法を調べる県独自の検証が数年かかる見通しを示すなど、柏崎刈羽原発の再稼働に慎重な姿勢だった。会見では「原発に正面から取り組むという歴史的使命を果たせなかった」と、無念さをにじませた。

 とはいえ、再稼働に厳しい姿勢だった米山氏の辞職で、再稼働がすんなりと前進するわけではない。

 現時点で知事選は、自民党が推す前海上保安庁次長の花角英世氏と、立憲民主や国民民主、共産、社民、自由各党が支援する県議の池田千賀子氏による、与野党対決の構図が予想されている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ