産経ニュース

【クローズアップ科学】米ハワイ・キラウエア火山の噴火 新鮮なマグマ運ぶ「ホットスポット」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【クローズアップ科学】
米ハワイ・キラウエア火山の噴火 新鮮なマグマ運ぶ「ホットスポット」

キラウエア火山の割れ目噴火と流れ出た溶岩=5月、米ハワイ島(米地質調査所提供) キラウエア火山の割れ目噴火と流れ出た溶岩=5月、米ハワイ島(米地質調査所提供)

 溶岩が流れ出す激しい噴火が続く米ハワイ州ハワイ島のキラウエア火山。地下深くからマグマが上昇する「ホットスポット」という特殊な場所にあり、世界で最も活動的な火山の一つだ。1980年代に始まった噴火よりも山頂から遠い麓で起きており、専門家は推移を注意深く見守っている。(小野晋史)

地下に通り道

 キラウエアはハワイ島の南部にそびえる標高約1200メートルの活火山。毎年のように噴火を繰り返しており、山頂に比較的近い場所では1983年から噴火が続いている。地面の割れ目から溶岩が噴出し、水のように流れ出すのが特徴だ。

 マグマは山頂の直下にたまっているとされ、そこから東西に延びた地下の通り道を流れて地表に噴出する。通り道は幅数十センチ~約1メートルのトンネルが幾筋も集まったイメージで、今回は東側に延びたトンネルの一部を流れた。

 今月3日に始まった噴火は、山頂から東に約40キロも離れた場所で起きた。長さ数キロにわたって火口が次々と現れ、火柱が上がっており、流れ出た溶岩は海に達した。

 今回の噴火はいつまで続くのか。マグマは山頂から離れるにつれて通り道の途中で固まり、目詰まりを起こしやすくなるため、東京工業大の高橋栄一名誉教授(実験岩石学)は「83年に噴火が始まった場所よりも長く続くとは思わない」と指摘する。ただ、活動の中心が今回の場所に移る可能性もあるという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 米ハワイ・キラウエア火山の噴火 新鮮なマグマ運ぶ「ホットスポット」
  • 米ハワイ・キラウエア火山の噴火 新鮮なマグマ運ぶ「ホットスポット」

「ニュース」のランキング