PR

ニュース プレミアム

【昭和天皇の87年】クーデターを防いだ阿南陸相の切腹 決起将校も次々と自決した

画=筑紫直弘
Messenger

宮城事件(2)

 昭和天皇の玉音放送を収めた録音盤を奪取すべく、決起将校に率いられたクーデター部隊が宮城内に軍靴を響かせていた昭和20年8月15日未明、陸軍首脳で唯一抗戦派に理解を示していた陸相の阿南惟幾(これちか)は、大臣官邸の自室で最後の杯を傾けていた。

 午前1時半、クーデター計画に関わった義弟の竹下正彦中佐が阿南を決起させようと訪れた。だが、すでに自決の準備をしているのをみて説得を諦めた。

 竹下は日誌に書く。

 「(阿南が)平素ニ似ズ飲マルルヲ以テ、アマリ飲ミ過ギテハ、(切腹を)仕損ズルト悪シ、ト云ヒシ所、否、飲メバ酒ガ廻リ血ノ巡リモヨク、出血十分ニテ致死確実ナリト、予ハ剣道五段ニテ腕ハ確カト笑ハレタリ」

× × ×

 最後まで徹底抗戦を訴えた阿南だが、実は中堅将校らの暴発を抑えるため敢えて先頭に立ったのであり、暗黙のうち終戦工作に協力していたとする説もある。

 首相の鈴木貫太郎も戦後、「若(も)し、彼にして偏狭な武弁であり、抗戦のみを主張する人ならば、簡単に席を蹴つて辞表を出せば、余の内閣などは忽(たちま)ち瓦解(がかい)して了(しま)うべきものであつた」と述懐する。

 しかし阿南は内閣瓦解を防ぎ、その職務を全うした。自決の前夜、阿南は鈴木のもとを訪れ、こう語っている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ