PR

ニュース プレミアム

【CMウオッチャー】スズキ「ハスラー」CMでアラレちゃん&ももクロの“奇跡の共演”継続中 

スズキの軽自動車「ハスラー」のテレビCMの一場面
Messenger

 1980年代の人気漫画「Dr.スランプ(アニメは『Dr.スランプ アラレちゃん』)」と、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」が“奇跡の共演”を果たし、シリーズ化されているのがスズキの軽自動車「ハスラー」のテレビCMだ。

 最新の「ぴたっ!と安全」編は、さまざまな色のハスラー6台を従えたアラレちゃんが走って近づいてくるシーンから始まる。ナレーションは「みんなの『遊べる軽』は、自動ブレーキの軽だ」。

 画面が切り替わると、ロボットのアラレちゃんをつくった“生みの親”、則巻千兵衛(のりまき・せんべえ)が登場。タキシードでばっちりと決め、花束を抱えて歩いてくる。左からハスラーが近づいてくるが、上部のカメラで歩行者を察知し、自動停止。「自動ブレーキ機能 衝突被害軽減ブレーキ〈デュアルカメラブレーキサポート〉」というテロップが出る。自動ブレーキ機能は当初、高級車のみに搭載されていたが、最近は軽にも広がっている。このCMについて、スズキは「安心して運転できる軽ということをお伝えしたい」としている。

 そして、画面は“実写”に切り替わり、ハスラーの周りで不思議なポーズを取る「ももクロ」の4人が登場。背景のセットには、富士山を模したカラフルな山々が描かれている。スズキの本社が静岡県浜松市にあることと関係があるのかもしれない。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ