PR

ニュース プレミアム

【大人の遠足】旅の疲れを癒やす世界観 埼玉・深谷「寄居 星の王子さまPA」

星の王子さまPAのグッズショップ入り口=埼玉県深谷市本郷北坂
星の王子さまPAのグッズショップ入り口=埼玉県深谷市本郷北坂
その他の写真を見る(1/5枚)

 マイカーで帰省や観光に出かける際、休憩も兼ねて立ち寄る高速道路のパーキングエリア(PA)。近年は単なる休憩所という役割にとどまらず「観光スポット」に進化するPAが増えており、NEXCO東日本の初のテーマパーク型PAとして平成22年にリニューアルオープンした「寄居 星の王子さまPA」もその一つだ。フランス人小説家、サン=テグジュペリの名作「星の王子さま」の世界観が旅の疲れを癒やしてくれる。

南仏の雰囲気

 関越自動車道上り線の「寄居 星の王子さまPA」に立ち寄ると、サン=テグジュペリにゆかりのある南フランス・プロバンス地方のような白壁の建物が出迎えてくれる。レストランや土産店の店名はフランス語、それも名作にちなんだ店名というこだわりだ。「大切なものは目に見えない」-など名作に登場する有名なセリフも施設のあちこちに刻まれている。

 例えば、グッズショップ「サンク・サン・ミリオン・ドゥ・グルロ(五億の鈴)」が星の王子さまのアクセサリーなど名作にちなんだグッズをそろえれば、レストラン「シャセー・レ・プル(鶏を捕まえて)」は、名作に登場するキツネの好物である鶏肉を中心としたメニューを用意。オムライスはシェフが目の前で調理してくれる。カフェ「サン=テグジュペリ」では、作者がパリで活躍していた1930年代の味を再現したコーヒーを楽しむことができる。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ