産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】企業が最終面接でチェックするのは…「本気度」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
企業が最終面接でチェックするのは…「本気度」

毎年、全国各地で企業説明会や面接会が開かれている=松山市 毎年、全国各地で企業説明会や面接会が開かれている=松山市

 就職活動を続けてきた学生にとって6月は、企業の内々定を獲得したり、最終面接に臨んだりと勝負の月です。しかし、今まで順調に就活を進めてきたのに最終面接で不合格となる絶望感は計り知れません。

 内定塾には就活がうまくいかず相談をしにくる学生も多いのですが、実際、過去に8社の最終面接まで進んだにもかかわらず、全て不合格になる学生もいました。さすがに大きく自信を喪失し、就活自体に取り組む意欲をなくしていましたが、最終的に無事内定を獲得できました。面接ではしっかりと自分を表現できているのに、なぜか最終面接で落ちる。実は、こういった学生は少なくありません。

 それはなぜなのか? 企業側の思惑も踏まえ、解説します。

 面接で、企業はどういう視点で学生を評価しているのか。大きく分類して「能力」と「適性」の2つに分かれます。能力面では、会社に貢献できるだけの能力もしくは潜在能力(ポテンシャル)を持っているか、つまり給料を払うにふさわしい優秀な人材かという基準です。

 適性面では、学生のやりたいことができるか、社風に合っているか、会社の仲間とうまくやっていけるかといった企業にマッチするかという基準になります。能力面だけがすごく高くても、企業の社風に合わなければ離職につながる可能性は高いですし、当然、社風にはマッチしていても企業に貢献できる能力を持ち合わせていなければ就職しても活躍できないという状態になってしまいます。

続きを読む

「ニュース」のランキング