PR

ニュース プレミアム

【久保田るり子の朝鮮半島ウォッチ】北に米朝会談を蹴る選択肢は無い 揺さぶり戦術は逆効果だ

Messenger

 「北朝鮮が全く日朝交渉に興味がないのなら、わざわざ言及する必要はない。いま日本を攻撃することで、日本国内にある“バスに乗り遅れる論”や“日本だけカヤの外”といった安倍政権批判に乗じ、日朝交渉のハードルを上げている。これは北朝鮮が得意とする心理戦の常套手段だ」(同)

 北朝鮮の韓国・平昌五輪参加と、金正恩氏の米朝首脳会談への意志が明らかになった今年3月初旬以降、北朝鮮発の「日朝交渉が現実味」との複数の情報が日本に入っている。米朝首脳会談で非核化問題が動き出した場合、日朝国交正常化を視野に入れた日朝平壌宣言を交渉することも射程に入ってくる。朝鮮中央通信の12日の論評でも「過去の清算だけが日本の未来を保証する」と国交正常化交渉への期待を隠そうとしていない。拉致問題の論評を再開したのはこうした背景があるとみられる。

 トランプ氏は米朝首脳会談で日本の拉致問題を取り上げる意向を示しており、米朝首脳会談と日朝首脳会談は連携して進む可能性もある。(編集委員)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ