PR

ニュース プレミアム

【久保田るり子の朝鮮半島ウォッチ】北に米朝会談を蹴る選択肢は無い 揺さぶり戦術は逆効果だ

金正恩氏とトランプ氏(いずれもロイター)  
Messenger

 トランプ米大統領は北朝鮮の揺さぶりを「会談が実現しなければ次のステップへいく」と切り捨てた。次のステップとは軍事オプションである。このため北朝鮮にとって「米朝首脳会談を蹴る」選択肢は限りなくゼロに近いとの見方が大勢だ。また今回の北朝鮮の瀬戸際外交は歴代米政府による「不名誉な過去」を想起させ、過去との決別を宣言しているトランプ政府を結束させたようだ。一方、日朝関係者の間では、「米朝首脳会談の後に日朝首脳会談も視野に入った」との情報が出始めた。

米政権は結束

 「朝米(米朝)首脳会談に応じるかどうかを再考せざるを得ない」との北朝鮮・金桂寛(キム・ゲグァン)第1外務次官の談話は、米政権を結束させた。揺さぶり戦術は逆効果になった形だ。

 2011年に吹き荒れた「アラブの春」で内戦の末に殺害されたリビア・カダフィ大佐の末路にこだわる北朝鮮は、完全非核化の成功例として「リビア方式」に何度も言及するボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)への警戒が強い。金第1次官はボルトン氏を名指し、リビア方式を非難した。これを受けてトランプ大統領は17日「北朝鮮を考えるときリビアはモデルにしない」と言及した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ