PR

ニュース プレミアム

【昭和天皇の87年】「万民の生命を助けたい」…天皇は何度も手袋で眼鏡をぬぐった

Messenger

(※1)三国干渉時の明治天皇の御決断 1894~95(明治27~28)年の日清戦争で勝利した日本は、清国との講和条約により遼東半島の割譲を受けたが、これに反発するロシアが領有を放棄するよう日本に勧告。ドイツとフランスも追随した。日本は御前会議を開いて対応を協議し、イギリスなどに働きかけて3国の干渉を排除しようとしたが、武力を誇示するロシアの圧力に抗しきれず、遼東半島の返還を決定。明治天皇が詔勅で国民に告げた。以後、日本は「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)」をスローガンに国力の増強に努め、1904~05(明治37~38)年の日露戦争でロシアの陸海軍を撃破。三国干渉の雪辱を果たし、アジアの強国となった

【参考・引用文献】

◯宮内庁編『昭和天皇実録』34巻

○下村海南『終戦秘史』(大日本雄弁会講談社)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ