産経ニュース

【昭和天皇の87年】「万民の生命を助けたい」…天皇は何度も手袋で眼鏡をぬぐった

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【昭和天皇の87年】
「万民の生命を助けたい」…天皇は何度も手袋で眼鏡をぬぐった

画=筑紫直弘 画=筑紫直弘

涙の聖断(2)

 《天皇は、国内外の現状、彼我国力・戦力から判断して自ら戦争終結を決意したものにして、変わりはないこと、我が国体については外相の見解どおり先方も認めていると解釈すること、敵の保障占領には一抹の不安なしとしないが、戦争を継続すれば国体も国家の将来もなくなること、これに反し、即時停戦すれば将来発展の根基は残ること、武装解除・戦争犯罪人の差し出しは堪え難きも、国家と国民の幸福のためには、三国干渉時の明治天皇の御決断(※1)に倣い、決心した旨を仰せられ、各員の賛成を求められる》(昭和天皇実録34巻45頁)

 昭和20年8月14日の正午前、真夏の太陽が届かない地下10メートルの御文庫附属室で厳かに下された、戦争終結を告げる聖断--。『昭和天皇実録』には要約しか記されていないが、この聖断の一字一句を、内閣情報局総裁として出席した下村宏が、ほかの出席者の手記やメモとも照らし合わせて戦後に書き残している。

 周囲がしんと静まる中、昭和天皇はこう言った。

× × ×

 --外(ほか)に別段意見の発言がなければ私の考えを述べる。

 反対論の意見はそれぞれよく聞いたが、私の考えはこの前申したことに変わりはない。私は世界の現状と国内の事情とを十分検討した結果、これ以上戦争を続けることは無理だと考える。

続きを読む

「ニュース」のランキング