PR

ニュース プレミアム

【近ごろ都に流行るもの】憧れの「グレイヘア」 “脱白髪染め”は現代の女性解放!?

グレイヘアを世に問う朝倉真弓さん(右)と依田邦代さん=東京都文京区の主婦の友社(重松明子撮影)
Messenger

 女性の美意識が大転換! 主婦の友社が3月に実施した大人女性の意識調査(30~80歳579人)によると、白髪への好感度が急上昇している。白髪の女性を美しいと感じる人が4割超となった。1年半前の前回調査と比べ5倍の数字だ。「美しい白髪に憧れる」も8割にのぼる。手入れの行き届いた白髪は「グレイヘア」と名付けられ、おしゃれ本が続々出版。自然体で生きる女性の象徴として共感が広がっている。(重松明子)

 「白髪染めから解放された今、コンプレックスが個性になったと思える。染料による頭皮のかぶれや根元が気になって仕方がない…といった心身の負荷が消えて、肌の調子も良くなった。赤い口紅や鮮やかな色の服が似合うようになってオシャレの幅が広がり、『私もそうしたいの』と街で声をかけられることもあります」

 明るいグレーのショートボブが印象的なライターの朝倉真弓さん(46)は、若白髪に悩んでいた18歳から27年間続けた白髪染めをやめた。徐々に自然の髪に戻してゆく1年間の移行過程を、日本初の白髪育成実用書「グレイヘアという選択」(主婦の友社刊)で公開している。

 この本は、還暦を迎えてモデル業に復帰した結城アンナさん(俳優、岩城滉一さんの妻)を表紙に、女優、萩尾みどりさんなど年齢も職業もさまざまな女性32人が登場。それぞれのグレイヘアを選んだ理由、ファッションや生き方がグラビアとともに紹介されており、取材に加わった朝倉さんも潔く自らをさらした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ