PR

ニュース プレミアム

【正論6月号】習近平と金正恩 呉越同舟の親近感 恩讐を超えて熱烈歓迎 評論家 石平

Messenger

 そういう意味では、アジアの二大独裁者である習近平と金正恩の2人のうち、われわれにとってもっとも危険なのは、やはり中国の国家主席、習近平その人である。

 ■石平氏 1962年、中国四川省生まれ。北京大学哲学部卒。88年来日し、神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。民間研究機関を経て、評論活動に入る。平成19年、日本国籍を取得した。著書多数。近著に『なぜ中国は民主化したくてもできないのか』。

 ※この記事は、月刊「正論6月号」から転載しました。ご購入はこちらへ。

■6月号 主なメニュー■

【特集 安倍“悪玉”論のいかがわしさ】

・モリカケ問題でほくそ笑むのは誰なのか  防衛大学校名誉教授 佐瀬昌盛

・秋で正論創刊45周年 創刊号の名論文も同時掲載!  猪木正道「“悪玉”論に頼る急進主義」

・あなたもバッシングされる? 世にはびこる“悪玉”論の恐怖  大和大学専任講師 岩田温 

・朝日新聞“倒閣”記者ツイッターを告発する  産経新聞客員論説委員 石川水穂

・ピント外れの国会審議 もう1つのモリカケ問題  元財務官僚 山口真由 

・こんなことで憲法改正を潰してはならない  杏林大学名誉教授 田久保忠衛

・ジャーナリズムが民主主義を滅ぼす  弁護士 高井康行 

・中国人の「愛国無罪」を笑えない 「反アベ無罪」の日本人たち  衆議院議員 義家弘介 × 衆議院議員 山田賢司

×   ×   ×

★俳優 石原良純×ジャーナリスト 井上和彦  父・慎太郎 驚きの実像「親父のあれはいけないと思ったよ」 

★大学政治偏向ランキング 学者の偏向を斬る!  筑波大学准教授 掛谷英紀

★参議院議員・元イラク派遣隊長 佐藤正久 激白  イラク日報「戦闘」何が悪い

★そもそも日報は公開すべきなのか  元空将 織田邦男

★金正恩 追い詰められてウソをつく… 和平ムードのペテン 月刊「正論」半島危機研究プロジェクト  麗澤大学客員教授 西岡力/軍事ジャーナリスト 惠谷治/産経新聞編集委員 久保田るり子/福井県立大学教授 島田洋一

★習近平と金正恩 呉越同舟の親近感  評論家 石平

★「朝鮮半島の非核化」と書いて、「米韓同盟破棄」と読む ワナにはまった文在寅  軍事アナリスト 西村金一

★出会い系バー通い前川喜平を持ち上げたメディアの罪  フジテレビ上席解説委員 平井文夫

×   ×   ×

★[対談]西郷隆盛はNHK「西郷どん」では分からない  文芸批評家 新保祐司×日本大学教授 先崎彰容

★[正論コロシアム] 譲位の儀式は憲法上、問題あり?  評論家 三浦小太郎 VS 大和大学専任講師 岩田温

★明治偉人列伝 女流講談師 神田蘭の見てきたようなウソをつき

★カラー漫画 それ行け!天安悶  業田良家

★グラビア漫画 ぬるま湯 正論  西原理恵子

×   ×   ×

★【特集 シリア攻撃 揺れる世界】

・第3次世界大戦になっても日本は何もしないのか  評論家 潮匡人

・思いつきトランプ外交に戦略などない  キヤノングローバル戦略研究所研究主幹 宮家邦彦

・問答無用! 独裁者たちがやってきた  産経新聞特別記者 湯浅博

・無限膨張こそロシアの本能  北海道大学名誉教授 木村汎

・トランプ決断の陰にボルトンあり 新大統領補佐官の思想と行動  福井県立大学教授 島田洋一

×   ×   ×

★日本のトランプ論は大外れ 政権はなぜ倒れないのか  麗澤大学特別教授 古森義久

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ