PR

ニュース プレミアム

【昭和天皇の87年】前例なき御前会議 陸海軍両総長は泣きながら抗戦を訴えた

画=筑紫直弘
Messenger

涙の聖断(1)

 帝都に空襲警報が鳴り響く昭和20年8月13日の夕刻、空から落ちてきたのは、爆弾ではなく紙だった。

 「日本の皆様 私共は本日皆様に爆弾を投下するために来たのではありません。お国の政府が申込んだ降伏条件をアメリカ、イギリス、支那並にソビエット連邦を代表してアメリカ政府が送りました回答を皆様にお知らせするために、このビラを投下します」

 翌14日の早朝、米軍機B-29がビラを散布したとの情報を得た内大臣の木戸幸一は愕然とした。政府の正式発表より前に降伏が広く知られれば、国内は大混乱となり、それに乗じて抗戦派などが暴発する恐れもある。

 首相の鈴木貫太郎も、同じ思いだった。もはや事態は一刻の猶予も許されず、内閣から正式な手続きをとって御前会議を開くのでは間に合わない。

 鈴木は急ぎ木戸を訪ね、相談の上、昭和天皇の決心にすがることにした。

 以下、『昭和天皇実録』が書く。

 《(14日)午前八時三十分、(昭和天皇は)御文庫において内大臣木戸幸一に謁を賜い、米軍機がバーンズ回答(※1)の翻訳文を伝単(宣伝ビラ)として散布しつつありとの情報に鑑み、この状況にて日を経ることは国内が混乱に陥る恐れがある旨の言上を受けられ、戦争終結への極めて固い御決意を示される。引き続き、特に思召しを以て内閣総理大臣鈴木貫太郎及び内大臣に列立の謁を賜う》(34巻43頁)

 戦前は「宮中・府中(政府)の別」が厳しく、首相と内大臣が並んで拝謁するのは初めてだ。

 昭和天皇もまた、非常の覚悟だったのだろう。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ